リペアジェルの使用期限は?

リペアジェルを使用する際に注意しておきたいポイントが、使用期限が設けられているという点です。どんな肌にも安心して利用できるように成分構成にこだわっているからこそ、新鮮な成分が配合されたオールインワンジェルを安全に使えるように配慮されています。

開封後は6ヶ月間で使い切ることが大切

大事に使っていたらいつの間にか1年、2年と同じスキンケア製品を使い続けていたという経験があるかたも多いでしょう。しかし、外部の空気に触れるたびにどんどん性質を変化させ、劣化してしまう点には常に気を配っておかなければなりません。

それを防止するためにスキンケア製品には肌トラブルを解消し、予防するための有効成分の他にも保存剤が利用されていますが、こうした成分は肌の負担になりやすいのがデメリットです。リペアジェルはその特徴として、配合成分を100%植物由来にこだわって作られています。

ただ長持ちさせるためであれば変質を防ぐ化学品を使うことができますが、無添加だからこそ合成防腐剤も使用されておらず、天然成分の防腐作用のみが製品の品質維持の頼りです。そのため未使用なら1年間、開封をしたら半年間といった期限が設定されていて、新鮮なうちに使い切るように注意を促しています。

変質しやすいビタミンC

リペアジェルにはビタミンC生命体という独自の有効成分が配合されており、従来のビタミンCやビタミンC誘導体と比較して浸透率が高く、効率よく肌に作用させられるのがメリットです。

ただし、その性質として酸化が進行しやすいことから、品質を保持できる安全な期間を前もって定めておくことが必要になります。ビタミンC生命体の恩恵を受けてスキンケアを進めていくためにも、しっかりと期限を守るようにしましょう。

リペアジェルは通販のみで購入可能

利用者の手元にいつでも新鮮な製品を届けたい、そうしたこだわりや短い使用期限ということもあり、リペアゲルが購入できるのは通販のみで店頭販売は行われていません。

在庫を保管する必要がある店頭販売の場合、購入後に残された使用期限が短くなる可能性も出てきてしまうことを配慮し、使用期限に余裕のあるものを通販のみで届けるといった手段が取られています。

保管方法にも気をつけよう

毎日使っていれば使用期限に消費できる程度の量に配慮されていますが、使用期限さえ守っていればリペアジェルをどのように扱ってもいいというわけではありません。

製品が容器の中で変質しないように遮光ボトルが使われていますが、保管する際にも直射日光が当たらない場所、気温が上がらない涼しい場所に置いておくことを意識してください。

期限の過ぎたものは廃棄しよう

使い切れずに残ってしまった場合、ついもったいないという気持ちで使い続けてしまいがちですが、品質が劣化したものを肌に塗布すると思わぬトラブルを招く可能性も出てきます。

リペアジェルはもちろん、それ以外の製品でも開封から時間が経ち、使用期限が切れてしまったものは潔く廃棄するのが賢明です。くれぐれも気をつけておきましょう。リペアジェル 効果を詳しく見たい方はこちら